スタッフブログ

 信頼関係を築くには

 全く私のレッスン計画通りにやらない生徒がいました。

まるで、私を試すかのようにわがままを言うので、

本当に私にとって、週一回のその時間は試練のようなものです。

でも、私が、ここだけは曲げない、と固く決めたことは3つ。

 レッスン中、その子を楽しませるけれど、必ずその中に

秘かに学びがあるようにする。

 目線を下げて、その子と同じレベルで、同じ気持ちになって

笑ったり、驚いたりするけれど、師弟関係は保つ。

 その子の全てを受け入れる。

それから、8年。

お休みすることなく通い続けている中学生の彼女が

今日、言ったのです。

「毎日ここに来たい!」と。

今では、学校のこと、家では言えないこと、何でも

話してくれます。

私は英語しか教えていませんが、全ての教科の成績を

聞かなくても、報告してくれます。

「先生、厳しくなった〜!!」と言いながら、

私の出す課題を必ずやりこなします。

 そこには、本当に「信頼関係」が出来たなあ、と

感じるのです。

 同じ波動の人、同じ感覚の人との信頼関係を築くのは

そう難しくはありません。

でも、考え方、価値観が違う人とも信頼関係を築かなくては

いけない場合もたくさんあります。

そのような時、まず第1にすることは、やはり、

お相手を、全て受け入れること。

認めなくてはいけない、ということではなく、

良くも悪くも、「そうなんだ」と受け止めるということ。

そこから、次第に、お互いの歩み寄りが始まっていくのです。

時間がかかっても、でもいつか必ず、

お互いを尊重できる時がくるはず。

「受け入れる」こと。大切です。