スタッフブログ

 思いやりのルール

 家族、友人、恋人、夫婦、仕事仲間・・・

それぞれの関係の中で、それぞれの関わり方があると

思いますが、どんなに親しくても、忘れてはいけないのが

「思いやり」です。

親しければ親しいほど、何でもあり、になりがちですが、

それでは、長く、良い関係を保つことはできず、

親しいはずなのに、心地良くなくなってしまいます。

親しき仲にも礼儀あり、と古くから言うぐらいですから、

やはり、「思いやりの心」は大切なのです。

 先日、古くからの友人たちが、遠方から泊まりがけで

遊びに来てくれましたが、久しぶりに長時間一緒にいて、

とても楽しく、居心地が良かったのは、やはり、彼女たちが

何気ない心遣いをしながら、我が家にいてくれたからだと思います。

もちろん、遠慮なく、それぞれのご自宅のように寛いで頂きたく

お迎えをしておりましたが、それぞれの思いやりを、

とても感じたひとときでした。

 いつも一緒にいる家族も、同じことですね。

お互いのちょっとした「思いやり」や「気遣い」を

常に持っていれば、いつでも、心地よい空間を作ることが

できます。

挨拶をする。約束を守る。感謝する。間違ったら素直に謝る。

笑顔でいる。・・など、「思いやりのルール」はどなたにも

あると思います。

 人には喜怒哀楽の感情があり、

いつもベストな状態であるわけではありません。

それでも、自分の中で、自分なりの「思いやり」や「気遣い」の

ルールを持っていれば、決して気まずい関係になることは

ないはずです。

どのような相手とのコミュニケーションでも、

「思いやり」は大切にしたいですね。

それが、愛のあるマナーだと思います。