スタッフブログ

 響きを大事に

 コミュニケーションにおいて、美しい声というのは

聞く人が、心地良いな、魅力的だな、と感じる声。

 そして、綺麗な言葉遣いでお話しすることができれば、

どのような場でも、自信を持つことができます。

でも、その言葉がもし、表面的なものだったとしたら、

やはり、お相手の心に響くことはありません。

 心の内からでる本当の想い、優しさや思いやりが

音に乗って初めて、その綺麗な言葉が生きるのです。

 また、音は響きそのものであることを意識すると、

その響きが上手く共鳴した時に、お相手の心の中に

す〜っと入っていきます。

自分自身が心を落ち着かせて、その響きを心がけていると、

大勢の前でお話しする時も

1対1でお話しする時も

心地よいコミュニケーションに。

 今日はヴォイス&スピーチ レッスンで、

基本の声の出し方などを練習していただきました。

息に音が乗り、とても響きのある声になると

とても心地よくなってきます。

 胸に響く

 心に響く

 想いが響く

 響く音

届きますように・・。