スタッフブログ

 長幼の序 〜敬いの心〜

 今思えば、この「長幼の序」というものが、私が

幼い頃に父から学んだ初めての礼儀作法だったのだと

思います。

年長者と年少者の間には守るべき順序、秩序がある

ということ。

その中に敬いの心があるのは言うまでもありません。

そのため年長者をまず優先する、席を譲る、などという行為が

生まれてきます。

 世界共通のマナー「プロトコール」の五原則にも

序列の重要性があります。

エチケット三原則にも、人を尊敬すること、敬いの心

というものがあります。

 古来、自然崇拝の時代から、自然界に生きる私たちは

序列が非常に大事でした。

それだからこそ、強い者は弱い者を守り、

弱い者は強い者を敬い、社会が成り立っていたのです。

そこには、強い信頼関係や絆もありました。

それは、親と子、先生と生徒という関係も同様です。

 ところが、昨今は「平等」ということが重んじられ、

皆同じように・・という思想が、

先生と生徒も、親も子も皆、友達のように仲良く・・

という感覚を作り、肝心の「敬いの心」が

薄れているように思えてなりません。

人格形成、人間性育成のための本来の教育の姿も

変わってきてしまった中で、どのようにこれからの社会は

これからの子供達を育てて行かなければいけないのか

大きな課題に直面しているように思うのです。

 本日は都内で目にしたある場所で、感じたことを綴りました。

明日は外部マナー講座。

楽しみです。