スタッフブログ

「心」と「かたち」はセットで

 日本のマナーと、欧米や中国、東南アジアなどのマナーは

それぞれの国によって異なります。

地域によっても違いがあります。

でもその根底にあるものは共通。

お相手を敬い、思いやりの気持ちを持つことです。

その「心」を動作や表情、言葉などの「かたち」にして

表現したのが、マナーなのです。

ですから、いつでも「心」と「かたち」はセット。

 本日は、いわき市生涯学習プラザで

いわき市国際交流協会主催の『美・マナー講座』を

担当させて頂きました。

外国出身の方が多く参加されるこの講座では、

日本での生活に役立つマナーや、美しく見える

大人の立ち居振るまいをお伝え致しましたが、

皆さまとても熱心に耳を傾けて下さいました。

 日本人でも、改めて行うとあやふやな点が出てきたり、

迷うポイントも多くあるものです。

でも、どのような時でも、お相手を思う「心」があれば大丈夫。

「心」を忘れて「かたち」にとらわれるより、

「かたち」から少々外れても、思いやりの「心」がある方が

ずっと良いのです。

ただ、より良いコミュニケーションのためには

「心」と「かたち」をセットにしておくと良いですね。

そのための「マナー」なのですから。