スタッフブログ

 反省する時も前を向く

 どんなに努力をしても、報われない時もあります。

どんなに気をつけていても、失敗することもあります。

気持ちの余裕がないために、大事なことが頭から

すっかり抜けてしまって大変!!・・という時も。

 でも、完璧な人なんていません。

そこで完璧を目指すよりも、起こったことに対する

反省の方が大切です。

「反省」

みずからを省みて、悪い点をはっきり認めること、というような

意味ですが、でも、これが過去ばかりに目が向いていると、

次へのステップへ、なかなか進むことができなくなって

しまいます。

過去への執着は 新しいもの を決して生み出すことが出来ません。

 反省する時は後ろを向いてするのではなく、必ず前を向いて。

そうすると、どんなに苦しい時にも、つらい時にも

それを乗り越えられるエネルギーが備わってくるのです。

 失敗や不本意な出来事をネガティブに捉えるのではなく、

前向きに☆