スタッフブログ

 言葉に温もりを込めて・・

 寒くなって参りましたね。

まだ10月だというのに、師走並みの気温ですと

急にコートの出番が増えてきます。

 人は、温もりによって心が落ち着き、安定するもの。

それは、身体の温かさ、心の温かさ、それぞれを感じた時。

身体が温まると、心がホッとし、

心が温まると、身体もポッとします。

その中に、言葉の温かさが在ることも。

 同じ言葉を伝えるのにも、声の大きさやイントネーション、

ほどよい間や、響き方、ニュアンスなどで、随分と印象が

変わってきます。

 いくら丁寧な言葉を使ったとしても、

そこに心が込もっていなければ、温かみはありませんし、

逆に、少々乱暴な言葉でも、その中に

とっても温かい愛が込められていることもあります。

 お互いに気持ちよく言葉のキャッチボールをするためには

やはり、そこに温もりがないと、冷たい印象になってしまいますね。

穏やかな声、優しい響き、やわらかいイントネーション、

そして、温かい笑顔があると嬉しいものです。

 まずはこちら側から、温もりのある言葉を投げかけてみましょう。

そうすると、受け取ったお相手の心が温まり、

きっと、心地よい空間になるはず。

 これから益々温もりが恋しくなる季節ですね。