スタッフブログ

 事実だけを受け止める

 たとえどのようなことが起こっても、

自分が望んでいないようなことが起こっても、

経験には、何1つ無駄なことはありません。

必ずそこには意味があり、私たちに何か大切なことを

教えてくれるものなのです。

 ですから、事実はそのまま事実だけを受け止めて、

起きた出来事に対して、必要以上の意味づけをしないように

したいものです。

私はこれだからダメなんだ。

どうしてこうなってしまったのだろう。

何がいけなかったのか。

・・などと、負の連鎖で落ち込むような意味づけをしてしまうと、

どんどん自己嫌悪に陥ってしまいます。

 事実は事実だけ。

事実以外のこと、それ以上に大げなことで、

くれぐれも意味づけしないようにいたしましょう。

 何かが起きた時、喜怒哀楽の感情が湧いてきたなら、

まずはそれに浸り、その後はネガティブなことは考えず、

そして事実以外のことも全く考えないようにするのです。

「こうだった」という事実は事実のみ。

そうすると、思ったより問題も小さく見えてくるはず。

ムダな意味づけがなくなると、心も軽くなってきます。