スタッフブログ

 奥深いお手紙〜想いを込めて〜

 お手紙は、自分の分身としてお相手に届ける敬意表現。

メールやLINE、メッセンジャーなどが普及して

お手紙を書くことがかなり減った現在でも、

日本や国際社会で、フォーマルな形式はやはりお手紙です。

そして、それが手書きであるほど、より敬意とお相手を

思う気持ちを届けることが出来ます。

(マナー&コミュニケーションスクール当教室でも

正式なお手紙の書き方をお伝えして参ります。)

そして、フォーマルではなくても、ちょっとしたお礼や気持ち、

近況などを伝えたい時でも、さっとお手紙を書くことが

出来たら素敵ですね。

頂いた方もとても嬉しく思われることでしょう。

 日本の「紙」という呼び名の由来は「神」。

古来から、自然を尊び、神を信仰してきた日本人が

自然のエネルギー(樹木)により作られた「紙」を

「かみ」と呼ぶようになったと言われています。

 ですから、そう思うと、お手紙を書く時の

便箋や封筒を心を込めて選び、お相手を思いやりながら

言葉をしたためるその作業と、そのひとときが

とても奥深く思えてなりません。

 以前も書いたかもしれませんが、いつも、事あるごとに

近況報告をしている小学校時代の恩師がいます。

最近、本当に忙しくて、落ち着いた時間がなく、

便箋に向かうことが出来ずにいることが

もどかしく思っておりましたが、本日、改めてブログに

このお手紙の奥深さを書きましたので、近いうちに

恩師にお届け出来るようにしたいな、と思います。

 想いを込めて・・。