スタッフブログ

 手心(てごころ)

 相手の程度や状況を考えて、扱い方をほどよく加減すること。

寛大に扱うこと。 それが「手心」。

(明鏡国語辞典より)

これは、どのような場合、間柄でも、大切にしたい心です。

 お相手のことを構わずに、自分の言いたいことだけを

言い続けたり、勧めたいものを強く勧めたり、

押し付けたりするのは、プライベートでもビジネスでも

好ましくない関わり方。

相手のことを思っているようで、やはり自分側に都合の良いように

感じられると、それだけで気持ちのすれ違いや、

間に壁が出来てしまいます。

でもお互いに、ちょうど良い「手心」「さじ加減」があれば、

コミュニケーションも上手くいき、その関係も変わらずに

ずっと良いお付き合いが出来るはずです。

 自分本位に考えず、自分を理解してもらおうとするのではなく、

常に、お相手のことを先に理解しようと努め、

その状況や、その時の感情を考慮しながら、

より良い関係を保っていくことは、とても大事ですね。

そうすると、たとえ暫く関わりがなかったとしても、

またお会いした時に、スムーズなコミュニケーションをとることが

出来るのです。

 そして、常に感謝の気持ちも忘れずに・・。