スタッフブログ

 手を差し伸べる

 自分の思うところと異なるからといって

他人を変えるということは、私たちはできません。

というより、他人を変えようとしてはいけないのです。

これは、どのような間柄でも同じ。

同僚でも、上司部下でも、友人でも、親子でも、恋人でも。

それなのに、相手のことにイライラして

無理に変えよう、自分の考えの範囲に入れようとすると、

余計にうまくいかず、お互いの関係がギクシャクしたり、

より苛立ちを覚えてしまいます。

 相手を変えようとするのではなく、

相手に手を差し伸べる。

そういうつもりで接すると、

穏やかな関係のまま、次第に相手も変わってくるものです。

 まずは、相手を尊重すること。

それがないと、無理強いという、決してプラスにはならない

状態を作ってしまいます。

 逆の立場で考えると、嫌ですものね。

ですから、決して他人を変えようとはせず、

優しい手を差し伸べてみて下さい。

そこに必ず愛を込めて・・。