スタッフブログ

 お相手が求めていることをする

 他人のためと思ってやっていることでも、

それが、余計なお節介になることがあります。

それは、良かれと思っても

お相手にとっては、求めていることではないから。

実は、お相手のためではなく、

自分のためにやっていることになるのです。

 自分がやってもらって嬉しいことを他人にもやってあげる。

とても良いことなのですが、一歩間違えると、

自分の思いを押し付けてしまうことになりかねません。

何が大事かというと、

自分と他人は、求めているものが違う、価値観が違う、

ということを、まず理解すること。

そして、何かをして差し上げようとするのなら、

お相手の気持ちを考えて、

何を求めているのかを、よく知ることです。

 今日はまた、時々ブログに登場する、フィリピンの方と

お話をしていて、いわきとフィリピンを結ぶパイプになりたくて

あるNPO団体に所属しても、

その思いをしっかり理解し合うことの重要性を

痛感しているそうです。

 コミュニケーションにおいて大切なのは、

お相手への思いやり。

その思いやりがどういうことなのかを

考えていかなければいけませんね。