スタッフブログ

 描く未来があって「今」を生きる

 東京で様々な用事を済ませた後、今年も、

TOKIAガリレアで行われている

「光と音のシンフォニー ライティングオブジェ」を

見に行って参りました。

毎年、この時期に開催される(12/24まで)

東日本大震災復興支援・熊本地震復興支援のチャリティー展です。

様々な形で活躍されているアーティストの方々の

「光のオブジェ」が展示され、募金とともにワークショップや

クリスマスイベントなども行われています。

もともとは「地球環境と子どもたちの未来に向けた平和」の

メッセージを発信するものとしてスタートされたイベントですが、

この国が経験した未曾有の災害で被災した人々や地域を

忘れないようにということで、今でもずっと続けられているのです。

 平和な未来を祈り、想いが1つになる。

想いを1つにして、未来へと進んでいく。

鮮やかな光が想いとともに、多くの方々の心にまで届くと

いいなと思います。

 やはり、どのような時でも、進むのは未来への道。

過去からの「今」を考えるより

描く未来があっての「今」を生きていくことが大切です。

そうすると、その「今」に

明るい光が差し込んでくるのではないかと思うのです。