スタッフブログ

 出した分だけ入ってくる

 くたくたの1日。

よくやり切れたと思う充実感はありますが、

本当にぐったり。

もちろん、途中でゆっくりTea timeも作れませんし、

休憩する時間も取れないので、チョコレートやおまんじゅうなど

ちょっと甘めのお菓子を頬張って、エネルギー補給をしながら

頑張っておりました。

この甘いエネルギーは私にとって、無くてはならない大切なもの

ですが、それよりも大事なもの。

それが「呼吸」、ということを改めて感じました。

とにかく「吐く」。

長くずっと、これ以上吐けないというところまで息を吐き切る。

そうすると、出した分だけ新しい酸素が入ってきます。

いわば心の浄化です。

忙しかったり、心がどんよりしている時は

特にオススメなのが「呼吸」。

一旦、左脳の動きを停止して、息を吐いてリセットするのです。

 「深呼吸」との違い、お分かりになりますか。

子どもたちが小さかった時によく聞いていたアリゴリズム体操

の歌にもありましたが、

「吸って吐くのが深呼吸、吸って吐くのが深呼吸・・♫」

深呼吸は吸うのが先なのです。

でも「呼吸法」は、吐く方が先。

吐いて「息」を整えて、「自」らの「心」を整える。

残り少ない今年の日々。

忙しくても、心落ち着かせて参りたいと思います。