スタッフブログ

 努力逆転の法則

 フィギュアスケートの羽生選手がSP首位となって

ファンの方々をはじめ、日本中が歓喜に満ち、

次のフリーに一層期待を膨らませていることと思います。

「ケガ治療中も含め、ここまで努力をしてきたから・・」

という自信と、前回金メダルをとったソチ五輪の時よりも

良い演技をする、といった強いイメージが

今日の結果につながったのですね。

これが、また転んでしまわないように、とか

今度はケガをしないように・・という気持ちを

持ってしまうと、そちらのマイナスイメージが

潜在意識に入ってしまって、不本意な結果にも

なりかねません。 

厳しい世界での、大きな舞台。

緊張も、プラスのエネルギーに変えてしまう羽生選手は

さすがだな、と思います。

 エミール・クーエ氏が定義づけた「努力逆転の法則」

というのがあります。

●意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は

 想像力(イメージ)が勝つ。

●意志の力で努力すればするほど、想像力は強力となり

 その意志の努力とは反対の結果となる。

●意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は

 想像力の強さは意志力の二乗に正比例する。

つまり、失敗しないように、しないように・・と

努力をしていても、脳は「失敗する」自分を

何度もイメージしてしまうのです。

脳は、肯定も否定も区別しないからです。

よく例えに出される「ピンクの象を想像しないように」

と言われると、瞬時にピンクの象を想像してしまうのと

同じですね。

努力することはとても大切。

でも、必ず明確な成功イメージ、肯定のイメージを

持つようにしないといけません。

 羽生選手のフリー演技、楽しみですね。