スタッフブログ

 自分のリズムを知る

 私たちは、それぞれの生活パターンがあるので、

それに応じて、それぞれの生活リズムを持っています。

子供の頃、長期休暇の前には必ず先生に

「なるべく生活のリズムを崩さないように過ごしましょう。」

などと言われたものですが、大人になっても、

それは同じこと。

オンとオフで過ごし方は違っても、

できるだけリズムを同じようにする方が、

結局は、身体が楽なのです。

 そして、生活リズムだけでなく、

自分の心のリズムも知っておくことも大切。

この時、こういう感情になって

こうすると、とういう気分になり

これをやると、どうしても気分が乗らず

これをやれば、わくわくする・・・

などというように、自分の感情のリズムを知り、

朝は朝のリズム、昼間は昼間のリズム、そして1日の最後は

自分の鼓動に合わせて心が落ち着き、リラックスできると

ゆったりと眠りにつくことが出来るのです。

 何かいつもと違うことが起きたとしても

その不規則になったリズムから、

自分の知っているリズムへと簡単に戻ることが出来れば、

心も身体もそれほど乱れずにいられます。

 自分のリズムを知り、日々、心身を整えて参りましょう。