スタッフブログ

 当たり前を感謝する

 そばにいて当たり前

 持っていて当たり前

 食べられて当たり前

 生活できて当たり前

普通に過ごしていると、この当たり前のことに対して

無意識で無頓着。

でも、当たり前になっていること、そのことが

有り難いことであり、

感謝に値するものなのです。

当たり前ではなくなって初めて、その有り難さが

わかるのでは、やはり遅く、

いつでも、どのようなときでも、

この今の日常にいられることを

有り難いと思っていたいですね。

 毎年、この日はどうしてもテーマが「感謝」に

なってしまいます。

無いもの、足りないものばかりを求めるのではなく

今、目の前にあるものに感謝する。

それがどれだけ有り難いものなのか意識する。

当たり前を感謝する。

それらは本当に大切なことです。

 7年経ちました。

東日本大震災の被災地の方々にとって

それぞれの想いを重ねた月日であると思います。

その想いが無駄になることのないよう、

日本中の人々が想いをともにする日です。