スタッフブログ

 「一生懸命」と「本気」の違い

 「一生懸命やった」というのと

「本気でやった」というのとは、

とてもよく似ていますが、微妙に異なります。

どう違うのでしょう。

 一生懸命やると、どこか見返りを求めている場合が

あるのです。

一生懸命やったのに・・・と見返り。

特に、他人に対してだと、

一生懸命やってあげたのに、何もしてくれなかった、とか

分かってくれなかった・・などどいう思考になり、

そうなると、イライラや不満も募ってしまいます。

 でも「本気」なら大丈夫。

本気でやると、見返りを求めないからです。

自分が本当にやりたいと思ってやる時に、

「本気」になれます。

どんなに大変でも、どんなに時間がかかっても、

本気でやれば、後悔もしませんし、

たとえ上手くいかなかったとしても、

不満は残りません。

他人に対しても、もし本気ならば、

本気でやってあげたのに・・とはならないはず。

真剣に取り組むさま、素敵ですね。

本気には覚悟も含まれていますが、

心の声が本気となって、行動に出たものであれば、

一歩も二歩も、進むことができます。

 「思い」を「覚悟」にしたものが「本気」。