スタッフブログ

 温故知新

 故きを温ねて新しきを知る。

どなたもご存じの「論語」由来のことばで、

昔のことを調べて、そこから新しい考えや知識を

導き出すという意味ですが、

世の中が刻一刻と変化し続けている現代、

古きものを大事にし、それを土台にして

未来に向けて、新しいことにどんどん対応していく

ことが求められています。

古いものや昔のことがそのままでもいけませんし、

新しければ、それだけで良いというものでもありません。

 変化し、多様化している今、

その大きな変化を受け入れ、多様化を認めて、

自分自身がその中で、どのように考え、

どのように行動していくのかを

しっかりと意識していくことが大事です。

 そのために、たくさんの教養を身につけ、

自分で考える力を養って参りましょう。

 本日、私自身も深い学びを得、同時に大きな課題も得た

有意義な1日となりました。