スタッフブログ

 大人数の方法だけが正しいとは限らない

 何か目的を持って物事をやる時に、

やり方というのは、1つとは限りません。

幾通りもの方法があって、

それぞれの考えでやればよいのですが、

時に、ある1つの方法でやる人が大多数だった場合、

自分のやり方が間違っているのではないかと

不安になったり、自分の思いがブレてしまったり

することだってあります。

でも、大人数がやる方法だけが正しいわけではなく、

本当に、それぞれ。

十人十色、というぐらいですから、

10人いれば、10通りのやり方があっていいのです。

 目的地に行くのに、ショートカットで行く人、

寄り道しながら行く人、私のように

日に焼けないように、日陰を探して遠回りをする人・・

今日、ある所に行く時に、ほとんどの人が

一番近い道を通っているのに、私だけわざわざ遠回りして

日陰を歩いていたので思いました。

みんなが歩くところだけが正しい道ではないな、と。

 どのようなことでも、目的、目標、夢に向かう時、

周りに惑わされず、

自分の軸や信念を大事にして、進んで参りたいですね。