スタッフブログ

 国旗を大切に扱う理由

 昨日、仙台での羽生選手のパレードは

大熱狂だったようですね。私はその様子を映像で

見ていないのですが、さぞ賑わっていたことでしょうと

容易に想像できます。

羽生選手の人気は、リンク上のパフォーマンス

のみならず、そのルックスと人柄の良さによるものだと

誰もが納得するところだと思いますが、

あのオリンピックでの行動も一挙手一投足報じられる中、

私が素晴らしいと思ったことの1つ。それは

国旗の扱い方でした。

お荷物と一緒に国旗を持っていたところ、

お荷物は下に置いたのですが、国旗だけは大切なものだから

と、下に置かず、どなたかに持って頂くようにしたのです。

 日本人は諸外国と比べると、国旗に対する意識が低い

のですが、本来は、国旗は国の象徴となるもの。

国の歴史、風土、信仰など、民族性を表現するものですから、

その国の「顔」として敬意を持って、取り扱わなければ

ならないのです。

 本日はマナーレッスンで、敬意表現の基本として

国旗についてもお伝えいたしました。

私たちが実際に国旗を手にすることはあまりありませんが、

国交などの様子がテレビで放映されましたら、

また見方が変わってくることでしょう、と思います。

国旗ってとても大事なのです。