スタッフブログ

 旬を食す

 今は多くのお野菜を一年中、手軽に買うことが

できますが、本来は、四季のある日本ですから、

収穫できる季節が限られ、

旬の食材をとても大切にしてきました。

現在、通年店頭で見られるお野菜は、

ハウス栽培されることが多く、電気やガスなどの

大量のエネルギーを消費して作られています。

また、農薬や人工肥料が多く使われたりしますので、

旬のものというのは、環境に優しいだけでなく、

安全性の面でも優れ、そして自然の恵みを十分に

受けている分、栄養価が高く、美味しいのです。

 本日は、いつもマナーレッスンでお世話になっております

フレンチレストラン(ラ・フォンローズ)で

家業のスタッフたちと一緒にお食事をして参りました。

いつもの如く、自家栽培や、お仲間の農家の方々が

大事に育てられた旬のお野菜をたくさん使って下さり、

目でも美味しく、味わっても美味しく頂きました。

(普段マナーレッスンの時は私は頂きませんので、

今日はまた一段と嬉しく頂戴致しました。)

スタッフたちが、また秋も来たいと言っておりましたのは

春のお野菜を堪能できたからこそ。

 私たちがスーパーなどで食材を選ぶときも、

やはり利便性だけでなく、本来のお味や栄養、環境のことまで

考えられる消費者になりたいですね。

その時どきの季節の旬を頂くというのは、

とても有り難く、幸せなことだと感じます。