スタッフブログ

 折れない心を作るレジリエンス(Resilience)

 本日は朝からフルコースのように盛り沢山な1日を

過ごしました。

英語レッスンに始まり、日本語レッスン、

ヴォイス&スピーチレッスンとレッスンが続き、

最後に夕方は講演会へ。

今、ご著書『世界最高の子育て』で話題の

ボーク重子さん。

講演会の前に30分ほどお話をさせて頂き、

とても有意義な時間を過ごしましたが、

ご講演もとてもパワフル。

しばしうなずきながら、聞いておりました。

 米国トップスクールに共通する教育法。

・自分の頭で考える力

・自己表現力 ・コミュニケーション力

・やり抜く力 ・回復力

などを身につけるためには、家庭ではどうしたらよいか、

というお話。

なかなか日本人には難しい力ばかりなのですが、

どれも大切です。

そしてこれから2020年から大きく教育や受験体制が変わっていく中、

不可欠な力でもあります。

中でも、何年も前から私が着目しているのが「レジリエンス」。

「精神的回復力」や「弾力性」などと訳されますが、

どのようなことが起こっても、予期しない出来事に直面しても、

それをしっかり受け止め、困難な状況に対して、ポジティブに

向き合い、弾力性のある精神で対処していく力です。

しなやかな心、折れない心を持つためには、

このレジリエンスがとっても重要になってきます。

これからの子どもたちも、大人になった私たちも、

このレジリエンスは大事なのだと改めて感じます。

私自身は、子育ては終わってしまいましたが、

本日、ボーク重子さんとお話できましたことは

私にとってまた色々と考えるよいきっかけになりました。

頑張ります!!