スタッフブログ

 自分の感情に素直になる

 ポジティブな感情も、ネガティブな感情も

良い、悪い、ではなく、その時の自分の本心。

そのため、時にネガティブ感情が出たとしても

どのようにそれを受け入れるかが、

その後の自分の状態を左右するのです。

 昨日の打ち合わせで、お相手の1人が

まだ一歳に満たない赤ちゃんと一緒で、

泣いたり、笑ったり、とっても可愛らしく、

赤ちゃんって、なんて感情の赴くままなのかしら

と思いながら見ておりました。

だんだん大人になるにつれて、理性が働き、

感情を表にそうそう出していられなくもなりますが、

ただ、表で泣くわけにもいかないその辛い感情、

不安、否定感にそのまま蓋をしてしまったら、

そこからプラスに変えていくのはとても大変です。

自分を責めたり、負の感情を押さえつけてしまうと、

体にまで不調をきたすことにことになりかねません。

ですから、感情に善悪の区別をつけず、ただ、

その感情がある、ということを認め、

「今、落ち込んでいる・・」「今、とってもショック・・」

「今、モヤモヤしている・・」と自分自身を俯瞰すると

その感情にのみ込まれずに、落ち着いて、また

自分の望むプラスの思考に、少しずつ変えていくことが

できるのです。

どのような感情も自分自身。

自分と共にあるものですから、押さえつけず、

丁寧に向き合っていけると良いですね。