スタッフブログ

 やはり限界を決めてはいけない

 昨年、直接お会いしてから、益々ファンになった

金澤翔子さん。

魂のこもった迫力のある書は、純真な心から溢れ出るもので、

本当にいつも心が洗われるような気が致します。

本日はテレビで久しぶりに彼女を拝見して、自立に向けて

頑張っていらっしゃる姿にまた胸が熱くなりました。

 ダウン症の天才書家として有名な翔子さんですが、

今までは、練習でも大舞台でも、いつもお母様がそばに

いらして、お声をかけて励まされたり、筆を始めとする

お道具の準備から本番での扱いまでお手伝いされていた

のですが、これからは、全て1人でやるという決意のもと

努力していらっしゃるのです。

障害を持った方に対しての支援は、手助けすることではなく、

1つでも2つでも、自分でできることを増やせるように促し、

見守ってあげることがとても大事です。

周りが「これは出来ないだろう」と初めから限界を決めて

しまうのはよくあること。

でもそれでは、絶対に成長はできません。

 私たちも同じです。

自分で自分の限界を決めてしまうことがありませんか。

これは出来ないと諦めたり、断ったりしていませんか。

やはり、やってみなければ分かりませんし、

努力してみないと分からないのです。

出来るか出来ないかを決めるのは、

まずはトライしてみてから。

人生トライ&エラーの繰り返しで

私たちは成長できるのですから・・。