スタッフブログ

 歳を追うごとに磨かれる美しさ

 話し方のレッスンは、テクニックを習得するように

思われがちですが、実際のスピーチやコミュニケーションで

大切なのは、聞き手、お相手との繋がりを築くこと。

ですから、いくら上手な人の真似やテクニックだけを学んでも、

伝えたいメッセージを届けられるとは限りません。

コミュニケーションには、バーバルコミュニケーションと

ノンバーバルコミュニケーションがありますので、

その聞き手との繋がりを持たせるためには、

ヴォイス「voice」(声)、ビジュアル「visual」(姿)、

バーバル「verbal」(言葉上の)の

3つの「v」を上手に使い、

自分らしさを出すことが大事なのです。

 本日はヴォイス&スピーチレッスン。

私の大好きな、アメリカ詩人サム・レヴェンソンの詩も

音読しました。

以前も書いたことがあると思いますが、

オードリー・ヘップバーンが亡くなる最後のクリスマスイブイブに

2人のご子息に読み聞かせた詩として、広く知られている

ものです。

日本文と原文をお渡しし、ご希望があれば、原文も音読します。

原文はやはり胸に響きます。

でも、日本語訳文でも素敵。

たくさん好きなところがありますが、今日は最後の部分を・・

「女性の美しさは 心のこもった思いやりの気持ちであり、

時として見せる情熱であり、その美しさは

歳を追うごとに磨かれていくものなのです。」

人それぞれの精神、意識、目に見えない感覚、

そういうものに美しさが反映されるのですから、

一層気をつけて参りたいと思います。

歳を重ねて、美しく♡