スタッフブログ

 伝える難しさ

 コミュニケーションの研修や講義の時に

必ずお話しする「伝える」と「伝わる」の違い。

自分が伝えたと思っても、お相手がその意図や

思いの通りに受け取ってくれなければ「伝わった」

ことにはなりません。

人はそれぞれ、価値観があり、そして生まれてから

現在に到るまでに得た数え切れないほどの経験があり、

それに基づく思考や信念があるのです。

更には、視覚優位の方、聴覚優位の方、

身体感覚優位の方・・といますから

本当にしっかりと全て伝わる方が奇跡なのかもしれない

と思ってしまうことさえあります。

ただ、伝える側としては、やはり可能な限り

伝わるように努力しなければいけませんし、

お相手は、自分の価値観とは異なるのだということを

初めから理解しておくことが大事です。

 私自身もまだまだ難しいな、と思うことがあります。

どうして伝わらなかったのかしら、と不思議に思う

こともあります。

でも、その伝わらなかったという事実を認識し、

また次回のためにその反省を生かせるように

したいものです。

「伝わる」ように「伝える」。

とても難しいですね。