スタッフブログ

 イメージ力を活用する

 夏休みで、英語教室の学生の中には、

ディズニーランドに遊びに行く子もよくいます。

今年の夏は暑いので、テーマパークで遊ぶのも

大変だなと思いますが、若い子たちには

関係ないのでしょうね。そして、暑さも忘れるほど、

楽しめるのでしょうと思います。

子ども達が大きくなってしまうと、私はすっかり

行かなくなってしまいましたが(本当は行きたい^^)

フロリダのディズニーワールドに行ったのは、

もう27年も前。あまりのスケールの大きさに、

子ども達を連れてもう一度行きたいなと思いながら、

叶わずじまいでしたが、

ウォールト・ディズニーがこの広大な「魔法の国」を

作ると宣言した時は、多くの人が「彼はおかしい」と

言ったそうです。

それでも彼は、大きく鮮明なビジョンを持ち、実現化

していくのですが、何と完成する前に急逝。

でも奥様は、

「夫は誰よりも前に、これを見ていました。」

とおっしゃったそうです。

頭の中では、しっかりとイメージができて、

鮮明な画像が見えていたのだと思います。

このイメージ力こそが、夢を実現するカギなのです。

 人は視覚優位の人、聴覚優位の人、体感優位の人

とタイプがわかれますので、視覚優位以外の方は

難しいかもしれませんが、それでも、どのような

感覚も、イメージあってのものなので、

しっかりそこを活用できると良いですね。

そして、イメージするときは、わくわくと・・。