スタッフブログ

 音楽の力

 音楽には、人を動かす力、励ます力、癒す力など

様々な力があることは、皆さまの中にも何かの形で

感じたことがある方は多くいらっしゃることと思います。

 震災の時は特に、テレビや各地での支援コンサートも

行われていました。

その東日本大震災の被災者に対するドイツからの義援金を

きっかけに、楽器を失った子ども達に再び音楽と

触れ合う機会を作り、心を豊かにするまで、音楽で支援する

活動をしている「こども楽器プロジェクト」というのが

いわきにあります。

私は直接は関わりはありませんが、

その推進事業として、本日第一回目の

「こどものためのコンサート」が行われましたので、

行って参りました。

『アキラさんの室内楽でございます♪』

我が家の子ども達が小さかった頃のNHKの

人気番組「ゆうがたクインテット」のアキラさんです。

テーマ曲を生で聞きましたら、とても懐かしく

その頃の我が家の状況まで思い出されます。

ピアノ曲、クレメンティのソナチネや

ブルグミュラーの貴婦人の乗馬、モーツアルトの

トルコ行進曲などでは、娘が練習していた頃、そして

さかのぼって、私の子供時代まで思い出され、

音楽というのは、本当に大きく人に影響を与えるもの

なのだなと改めて感じました。

 この曲、この歌を聴くとその時の状況を思い出す

という経験は皆さまにもあると思います。

良い思い出も、良くない思い出も、

そこに音楽があると、感覚が呼び起こされるのです。

ですから、先日のブログでも書きましたように、

嫌なことを消そうとするより、

良い感覚、嬉しい、幸せの感覚をたくさん

音楽とともに味わえることができると、

心豊かになっていきます。

子ども達にも、身近に音楽の素晴らしさに触れる

機会がたくさんあれば、将来音楽家になるわけではなくても

人生の役に立つことがあるはずです。

我が家の子どもたちが小さかった頃は、

サントリーホールに毎年、「こどものためのコンサート」

を聴きに行くのを楽しみにしていました。

一番楽しみにしていたのは私だったかもしれませんが

それでも子どもたちの記憶のどこかに残っているものと

信じています。

いわきの子どもたちにとって、地元でこのような

機会があるというのは、とても嬉しいことです。

 子ども向けのコンサートでしたが、私も

とても楽しむことができました。

音楽の力は本当に素晴らしい!