スタッフブログ

 どのような感情も大切

 誰もがポジティブでありたいと思うでしょうし、

前向きに生きていたいと願うでしょうけれど、

生きていれば、様々なことが起こり、

思いもよらないことに直面したり、

耳を疑うような言葉を受けたりして、

負の感情が沸き起こることもあります。

でもそこで、その感情を押さえつけて、

愚痴も言わずに、苦しくても、

ポジティブに、ポジティブに・・と振舞っていると、

その溜まった負の感情は、いつか爆発してしまう

かもしれません。

 世の中全てに、陰と陽、表と裏、正と負、喜びと怒り

などのように、2極があるのですから、

どちらが良い、どちらが悪い、ということではないのです。

どのような感情も私たちにとっては大切。

そして、その感情にどのように向き合うか、ということを

分かっていることが大事なのです。

 ネガティブな感情はポジティブな感情を支えている

大事なもの。

ゆっくりと向き合って、意識化し、少しずつ

その感情が小さくなってきた時に

それを超えた自分自身の強さも見えてきます。

ですから、どのような感情も否定せず、

落ち着いて、大事にして参りましょう。