スタッフブログ

 変えられること と 変えられないこと

 世の中には、どうにかなることと、

どうにもならないことの二種類があります。

どうにかなることは、どんどん変えていくことができますが、

逆に、どうにもならないことは、変えることはできません。

 増えた体重をまた減らすことはできます。

でも足りない身長を伸ばすことはできません。

ですから、変えられないどうにもならないことを

いつまでも嘆き、ぐずぐず言っているのは

時間とエネルギーがもったいないのです。

 そして、思い込み。

たとえば、将来に対しての不安を伴う思い込み。

こうなってしまうのではないか・・

とまだ起こっていないことに対して、

必要以上に考えてしまうのも、時間がもったいないこと。

変えられるところは変える努力をすることが大切です。

 自分に自信がなく、どうしても否定してしまう方。

それはどうにもならないことではありません。

必ず変えることができる、どうにかなることです。

ですから、どうにもならないと決め付けず、

その思い込みを自由に解きほぐしていきましょう。

 「変えられること」と「変えられないこと」

をしっかり区別し、変えられる部分で

どんどん自分自身のアップデートができるとよいですね。