スタッフブログ

 マナーは思いやり

 様々な場に出ればでるほど、

マナーの多様性、必要性を感じます。

やはり、集まる人も違えば、集まる場所も違うと、

マナーも臨機応変にしていかなければなりません。

決められたルールはありますが、

最終的にはお相手を思う思いやり。

車に乗るときとか、お食事をするときとか、

エレベーターやエスカレーターを使うとき、

そして公の場でもプライベートでも

様々なシテュエーションでマナーが必要に

なってきますし、その時々に応じた振る舞いが

大切です。

もともとその決められたマナーがあるのも

人と人とのコミュニケーションをスムーズに

するためや、お相手が心地よく感じられるように

するための思いやりを形にしたから。

ですから、マナーは自分のためではなく

周りの方のためです。

自分が格好良くするためでもありません。

そう考えると、臨機応変も的確にできるかも

しれませんね。