スタッフブログ

 マイナスを経験するから幸せが有難い

 人生、良い時ばかりでなく、

失敗もしますし、落ち込むこともあります。

でも、そのマイナスの感情を経験するからこそ、

幸せというものを、とても有り難く感じられ、

温かい気持ちにもなれるのです。

幸せというのは、抱えきれないほどの大きなものではなく、

手のひらに乗るような小さなもの。

握りしめて実感できる小さな幸せを

幸せと感じることができるようにすることが大切です。

 マイナスエネルギーを知っているということは、

その反対にプラスがあるということも分かっていて、

不幸だと思うということは、

その反対に幸せがあるというのは知っているわけです。

ですから、ネガティブな感情が湧き上がったら、

そればかりに目を向けるのではなく、

その反対側にある、小さな幸せを見つけましょう。

 健康でいられれば、それも幸せ。

家族がそばにいてくれれば、それも幸せ。

寒い冬でも、温かい物が食べられることも幸せ。

お風呂でほっと息をつけることも幸せ。

(いつも幸せの話ではお風呂のとを言う私ですが・・)

マイナスの経験にも意味があり、

マイナスがあるからこそ、そうでないことへの有り難さを

忘れずに、生活して参りたいですね。