スタッフブログ

 コンフォートゾーンからほんの少し外へ出てみる

 コンフォートゾーンとは、自分が居心地が良いと

思う範囲のこと。

行動や環境に慣れていて、安心感があると

何も考えなくても過ごせてしまいます。

そして人は変化やいつもと違うことを恐れるものなので、

ちょっとした違いに不安を覚えたりするのです。

でも実は、このコンフォートゾーンの中にずっといる

だけでは、決して成長することはありません。

もうこのままで十分満足だから良いわ・・

というのであれば、それまでですが、

それでも、このコンフォートゾーンの範囲が狭いと、

突然、思いもよらないことが起こったり、

予期しない問題が起きた時に、ストレスを大きく感じて、

対処しきれなくなってしまいます。

ですから大事なのは、小さなストレスを味方につけて、

コンフォートゾーンからほんの少し外に出てみる習慣を

身につけておくこと。

いつもと違う選択をしたり、小さな変化や挑戦を

自ら作っていくと、そこに学びや成長が待っています。

いわゆるラーニングゾーン。

コンフォートゾーンから頑張りすぎて、あまり思い切って

離れてしまうと、その大きなギャップに耐えられなく

なってしまうこともあり得ますので、

小さく外に出ることがポイントです。

そして、そうすることで自分のコンフォートゾーンが

少しずつ広がっていき、成長しながら、人生の幅も

広げて行くことができるのです。

少しずつでも、限りなく、生涯学んでいけると素敵ですね。