スタッフブログ

 偏見を持たない

 年末年始に我が家にステイしていた中国人の

お友達と一緒に今度は中国旅行をしてきた娘が

帰国して参りました。

あちらのご家族やご親戚の方々に大変親切にして頂き、

その温かいお心遣いのお陰で、娘はとても

楽しい思い出を作ることができたようです。

そして中国でしか体験できないことをやったり、

様々な中国文化に触れ、貴重な体験ができたことが

娘にとってもまた財産になったことと思います。

 事前に本で読んだり、ある程度の情報を持って

その地に向かったとしても、やはりそこに降り立ち、

自分の目で見たものというのは

想像を超えるものがあります。

 私たちは、ほんの一部の情報、断片的な写真や

映像などでしか判断できないようなことも

やはり自分の目で見たり、耳できいたりして、

ようやく本質を確かめることができるわけです。

 日々の出来事や物事においてもそれは同じで、

狭い範囲だけでしか見えないこと、目の前のことだけで

判断するのではなく、しっかりと背景などを把握、

あるいは考慮して、多角的に見る目を養う必要が

あります。ですから、自分の目や耳で確かめるまでは

偏見をもたないことが大切。

思い込みや偏った見方、考え方は視野をとても

狭めてしまいます。

何でもチャンスがあればどのようなことでも

経験を重ね、人生は長くだけでなく、

深く、広く、生きていけると良いですね。

 私も中国語を少しは学んだし、大切な友人もいるし、

中国にもやはりいつかは行ってみようかしら。