スタッフブログ

 言葉の波動

 人や物にも波動があるのと同じように、

言葉にも波動というものがあります。

それは、目に見える文字だけでなく、

目に見えない口に出す言葉、

耳にする言葉も含みます。

たとえそこに心が込もっていなくても、

また深い意図がなかったとしても同じです。

ですから本当はとても気をつけなくてはいけないのに、

意外と、そのあたりは無頓着というのか、

神経が行き届かないのいうのか、勝手というのか、

何気なく、口にしてしまう言葉によって、

周波数の荒い、低〜い波長を出してしまっている

ことがあるものです。

マイナスの言葉、あまりよろしくない言葉は

周りの人たちだけでなく、もちろん、

自分自身の脳内へ、そしてまた、潜在意識へと

インプットされますので、いつのまにか

心や表現の仕方にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

逆に素敵な言葉、気持ちが高められる言葉、

美しい言葉は、その高い波動と共鳴した時に

私たちの心の栄養となったり、エネルギーとなったり、

あるいは、心地よさを作ったりするわけです。

 今日は東日本大震災から8年。

多くの方々が被災地を想い、様々なことを

綴って下さっています。

とても有り難く思います。言葉というのは、

愛が込められれば、より大きな力になり、

天に召された方々の分まで精一杯命を全うしようと、

力づけられる方々も沢山いらっしゃることでしょう。

 そして本日は、ある会議で様々な方とお話をし、

言葉の持つ波動をまた改めて感じたりもしました。

より善く生きるため、そしてより精神性を高めるため、

私たちは心地よい波動を持つ言葉を選ぶことも

一つの手段として意識していく必要があるのです。