スタッフブログ

 心地良さだけがいいわけではない

 もちろん心地良さというのは、

精神を安定させるにも、自分とその周囲(物や人)との

波動を共鳴させるにも大事なことですし、

出来るだけ、心地良い空間に身を置きたいものです。

私もよく心地良く・・と言っていますものね。

ただ、その居心地の良さの中にどっぷり浸かり、

そのままの状態でいると、変化、成長もしないのも

事実です。

 人はコンフォートゾーン(居心地の良いゾーン)を

抜けた時に、次のステージに上がる可能性があります。

何も変えたくない、そのままでいい、そのままがいい、

という場合は良いのですが、やはり少しでも上を

目指したい、向上したい、より良い自分になりたいと

願うのなら、変化すること、居心地が悪いことを

受け入れることもとても重要です。

 ちょっと居心地の悪さを経験してみると、

次第に慣れ、そしてそこを越えると、

「心地良さ」に変わっていきます。

宇宙も世の中も変化し続けているのですから、

その一部である私たち自身も変化しながら

調和していくことも大切なのです。

 私にとって節目の時。

ちょっとコンフォートゾーンから外に出て

新しい世界、違う空間を体験し、

次のステージへ行けるよう頑張ってみようかな

と思っているところです。