スタッフブログ

 自分に与えられたものを生かす

 音楽、芸術、スポーツ、文化、教育・・・

どの分野においても言えることですが、

今、活躍している人たちは、もちろん、

飛び抜けた才能を生まれながらにして持っていた

かもしれませんが、その才能を今に至るまで

どのように生かしていくかということを

模索したり、研究したり、研鑽を積むなどの

努力をしてきた方たちばかり。

どんなに才能を持っていたとしても、やはり、

日々努力をしていなければ、その才能を

生かせずに、ただの人になってしまう可能性は

大いにあるわけです。

ですから、生まれながらのずば抜けた才能が

重要なのではなく、どう生かしていくのかが

とても重要だと言えます。

それは私のように大した才能もない場合も同様です。

 本日、友人と話していて改めて感じました。

人並みだけれど、できるというものが少しでもあれば、

それを生かす努力をしていけば、

何かの可能性に広がることもあり得ます。

何の才能もない・・と無いことを嘆くのではなく、

誰しも、たとえわずかでも何かオリジナルのもの、

何かできること、というのはあるのですから、

そこを自信を持って大事にしていけば良いのです。

 そして、もし何か専門的にできることがあった

としたら、そこにずっとあぐらをかかず、

やはり常に向上する努力を続けること。

これは机上のものだけでなく、自分の身をもって

新しい体験、経験を学びにすることも大切です。

 いつも刺激を笑いと学びを共有できる友人に

感謝しながら、自分自身を振り返り、自分の

やるべきことを見つけるよい機会になった1日でした。