スタッフブログ

「それでも人生にイエスと言う」

 どんなに辛いことがあったとしても

どんなに上手くいかないことばかりだったとしても

人生は、自分の意味づけ次第です。

自分ばかりが過酷だと思えば、過酷なだけの人生に。

いつも運が悪い、と思えばその通りに。

でも、試練があるからこそ、成長があり、

辛い状況を知るからこそ、小さな幸せに感謝できます。

 ヴィクトール・フランクルの著書に

「それでも人生にイエスと言う」というのがあります。

彼は第二次世界大戦中、ナチス強制収容所に

入れられましたが、自分でこのように意味付けしたのです。

生きていればいろいろあります。

別に強制収容所に入れられるわけでなくても、

辛いことは辛いですし、大変なことは大変なわけです。

でも、神様は何か大事なことを伝えたくて、

魂に様々な経験を与え、考えさせ、自分自身の存在の

意味を学んでいくようになっているのです。

私たちは、与えられた人生の中で、楽だけでなく、

苦しみも知り、自分自身と向き合いながら、

命尽きるまで、成長を重ねていきます。

その中で、苦しいことがあった時に

「それでも人生にイエスと言う」ことが出来れば、

命を全うできるのではと思うのです。