スタッフブログ

 失ったところに、新たなものが入ってくる

 段々、草花の息吹が強く感じられ、

生命力がみなぎる季節になって参りました。

地上から仰ぐ大きな木々は、大地を守り、

私たちを包み込んでいるように感じますが、

高いところから新緑を眺めるその景色も

また美しく、心癒される思いが致します。

 私たちは、生きていれば、

良いことばかりでなく、失うものもあり、

辛く悲しいこともあるかもしれませんが、

失ったところには、必ず、何か新たなものが

入ってきます。

でも、これは、失ったものに執着せず、

前を向いて、流れに身を任せるぐらいの

気持ちでいられるようになればです。

 健康を害せば、健康の有り難み、

怪我をすれば、怪我をしなかったところへの

感謝の念。

若さが無くなっても、それまで培った経験と教養を。

立場を失っても、磨いてきたスキルと人脈で

また新たな事業展開ができるかもしれません。

 ですから、失うということを決してマイナスに

捉えず、必ずそこに何か別の意味あるものが

入ってくると信じて、過ごして参りましょう。

 寒さで心に穴が空いたとしても

必ず暖かな風と癒しがやってきます。

春はそういう気持ちを後押ししてくれる

嬉しい季節でもありますね。