スタッフブログ

 伝えたい時は、まずは自分に優しくする

 もしイライラしていたり、カリカリしている時に

何かを言わなければならなかったとしたら、

そのまま声を発すると、そのイライラは

声に乗ってお相手に伝わってしまいます。

言葉もきつくなってしまうか、あるいは、

言葉足らずになっていまうとか、

とにかく、良いことは何もありません。

何かを伝えたい時、伝えなければいけない時、

要するに、誰かに向けて言葉を発する時は、

自分自身は穏やかで、心が落ち着いている状態で

いなければいけないのです。

そのためには、もしイライラしているのであれば、

腹式呼吸で、息をしているということを意識し、

まずは呼吸を整えることが大事。

そして身体全体に酸素を行き渡らせます。

すると段々、息だけではなく、心も整ってきます。

 お相手のために優しい言葉をかけるのは

大切なことです。

それには、まず、自分に優しく出来ることが必要。

そして自分に対して優しくなれ、

リラックスして心穏やかになれば、

自然とお相手にも優しくなれるのです。

 本日はそのようなお話をたっぷりしながら

ヴォイス&スピーチレッスンを行いました。

歳を重ねるにつれて、声の質や出し方も変わってきます。

少しでもトレーニングによって、声の老化を防ぎ、

艶のある声で素敵な言葉を使っていけると良いですね。