スタッフブログ

「長者長法身 短者短法身」

「ちょうじゃ ちょうほっしん たんじゃ たんほっしん」

という禅の言葉があります。

背の高い人は高い人なりの悟りがあり、

背の低い人は低い人なりの悟りがある。

ということです。

 今でこそ平均以上にまで伸びた私の背も

小さい頃はチビで、いつも一番前。

一番大きかった子と比べると、

恥ずかしいぐらい、かなりの差がありました。

早生まれということもあり(言い訳かな?)

皆よりいつも出遅れていて、

必死に付いていく感じでした。

それでも、小さな私を最大限認めて下さり、

成長させて下さった当時の学校の先生に

今でも感謝しています。

 高低、大小、長短等、その他、それぞれの

違いがあっても、それは全て個性であり、

良い悪いではないため、その個性を生かして、

出来ること、あるいは

出来る方法は何なのかと考えることに

力を注ぐ方が賢明です。

そして色々と試行錯誤を繰り返しながら、

自分に一番合った方法、しっくりするやり方を

見つけて生きていくと、

ブレない軸が出来上がり、何があっても

自分らしく生きることが出来るのです。

 今日は母の日で、お花屋さんにもアレンジが

たくさん並んでいましたが、

お花も、華やかなものから楚々としたもの、

明るい色から落ち着いた色。

大きなものから小さなものまで、本当に多種多様。

でも、それぞれに良さがあり、趣があります。

皆と同じである必要は全くなく、

生まれ持った個性を最大限生かして咲くことが

出来れば良いのです。

自分に自信を持ち、しっくりする方法を

見つけて参りましょう。