スタッフブログ

 薔薇の香りは記憶の香り

 とても興味深い記事を読みました。

薔薇の香りとともに暗記し、

薔薇の香りとともに睡眠をとると、

記憶にとても効果的なのだそうです。

独リューベック大学の研究チームによる実験で

暗記をする時に薔薇の香りを嗅ぎながら行い、

そしてその後の睡眠中にも薔薇の香りを漂わせると

どうなるのか。

なんと翌朝の正答率が、薔薇の香りを使わない

場合と比べると、10%もアップしたそうなのです。

睡眠中の薔薇の香りによる刺激が、

記憶を強化したようなのです。

すごいですね。

 薔薇の香りにはリラックス効果があり、

睡眠を促したり、質を高める作用があるのは

フラワーセラピーの観点からも知っておりましたが、

学習記憶の定着に役立つとは・・

もっと早く知っていたら、子どもたちが

中高生の頃にそっと試してみることが出来たのに。。

なんて思ったりもします。

あとは私自身が試してみるしかないですね。

 今、お玄関には、お庭から摘んできた薔薇が

芳香漂わせ、通るたびに心地よく、

とても幸せな気分になります。

 臭覚は五感の中でも少し特殊で、

視覚情報や味覚情報などは

知的活動を司る大脳新皮質に直接送られるのに対して

臭覚情報だけは、原始脳と呼ばれる

大脳辺縁系に伝えられ、その一部である

海馬を経由して大脳新皮質へと送られます。

そのため海馬が活性化され、

本能で過去の記憶を呼び起こすのです。

ある香りを嗅いだら、昔の思い出がふと

蘇ったというようなあの感覚。

香りと記憶はとても結びつきやすいわけです。

 薔薇の香りには他にも様々な効果があります。

また機会をありましたらトピックにしようかと

思います。