スタッフブログ

 自分の姿は見えないのだから、謙虚になる

 自分を知ることの大切さは

何度もお伝えしておりますが、

自分の姿というのは、外見的にも

本当に、他人の方がよく見えていて、

自分では、鏡で見ることしかできません。

しかも三面鏡などを使わなければ、

後ろ姿は見えませんし・・・。

そして、鏡に顔や姿を映す時って、

誰でも、ちょっと取り繕ったり、

少し良く見えるようにしたいので、

素の表情ではないのです。

ですから、ふと、どこかのウィンドウに映った自分が

とても老けて見えた・・なんて感じたとしたら、

それもしっかりと受け止めなくてはいけないわけです。

 自分のことは、分かっているようで、

実際はやはり、意識的に俯瞰したり、

習慣的に時々心の内に問いかけたりしていないと、

なかなか本当の心の中、本当の姿というのは、

分からないままになってしまいます。

そのため、いつでも謙虚になり、

他人の意見には真摯に耳を傾けて受容し、

寛容になる必要があるのです。

時には、様々なことを言ってくる人も

いるかもしれません。

でも、自分のことはよく分かっているようで

そうでもないかもしれない、ということを

知っていれば、素直になることもでき、

人間関係に溝ができることも避けられます。

そして、よく見える他人の落ち度などのことに対しても、

自分もそうなのだから仕方がない・・と思えれば、

他人に優しくもなれるのです。

 自分の姿は見えないからこそ、

気をつけたいですね。