スタッフブログ

 他者との違いを受け入れた時、成長する

 もし、世の中の人の趣味が皆同じだったら?

もし、世の中の人の得意なものが同じだったら?

もし、世の中の男性が同じ人を好きになったら?

逆に、世の中の女性が皆1人の男性を好きになったら?

もし、世の中の人が皆、同じ生活スタイルをしたら?

・・・どうでしょう?

以前も似たような極端な例を出したかもしれませんが、

本当にこのようになったら、世の中大変なことに

なってしまします。

世界には70数億人以上の人たちがいて、

神様の采配で?実に見事に、外見、内面ともに

自分と全く同じ人はいない、というのが実際です。

 それなのに、なぜ、人と違うことをきらったり、

なるべく同じ意見であるような流れを作っていたり、

皆と同じだと安心するというような風潮がまだ

あるのは残念なこと。

でも、もし他者との違いを認識した時に

それを受け入れて、自分の思いとどこが

どのように違うのかを考えて、ニュートラルな立場で、

ベストな状態を作っていくよう努力できたら

そこに大きな成長があると思うのです。

それだけ世の中に 可能性があるということ。

それだけ味わい、面白みがあるということ。

 人との違いを素直に出せない世の中でなく、

また、新しい風を受け入れない社会でもなく、

共に認め、共に高め合える世界であることを

願います。