スタッフブログ

 たまには違う景色を見てみよう

 いつも下から見ていたものを上から見てみたり、

目の前のものしか見ていなかったら、

ちょっと離れて全体を見てみる、

というように、少し工夫するだけでも

全く違う景色をみることができます。

違う景色を見ると、何が良いかと言うと、

様々な物事に対する視点が広がったり、

違う角度から考えられるようになるのです。

また、いつも同じ景色を見ているところに

全く違う景色が脳に入ってくるので、

その刺激が脳の発達にとても良いわけです。

 本日、バンコクから帰国しました私は、

現地で様々なものを見て、とても刺激を受け、

リフレッシュすることができました。

本当に弾丸プチ旅行でしたが、

多文化に触れて、普段目にすることのないものを

沢山見て、聞いて、感じて・・

五感をしっかりと動かしてきました。

短期間ながら、とても充実していて、

今後の日本での活動に、また大きな刺激と

なるように思います。

 でも、いつもと違う景色を見るというのは

外国に行ったり旅行するだけではありません。

本当にいつもの生活の中でも、

少し工夫をしてみるだけでよいのです。

普段と違う道を通ってみるとか、

ちょっと立ち止まって、ぐるっと一周

見渡してみるとか、青空を仰ぐ、

道端の小さな植物をみてみる・・など、

何でもできます。

皆さまも、新たな発見、新たな刺激をたまには得て、

ぜひ五感をしっかりとフル活用してみて下さいませ。

それだけで人生が豊かになります。