スタッフブログ

 ほどよい距離感を保つと人間関係はうまくいく

 どんなに親しい間柄でも、ず〜っとべったり一緒だと

時に窮屈になったり、親子であれば、衝突が生じたり

してしまいますし(夫婦もかな?)、あまり相性が

良くない者同士が、これもまた無理して近い距離でいると

ストレスが溜まってしまいます。

 どのような間柄でも、それぞれに程よい距離感があり、

友人の中でも、年に一回会って十分満たされる人、

時々連絡は取るけれど、年に数回は実際に会って、

近況報告などをしたい人、月に一回は会って情報交換

したい人・・など、色々だと思います。

そして、どのような人でも、良い関係を保ち、良い

コミュニケーションを取るためには、人と人との間で

しっかりと信頼関係を築くことが大切。

その上で、それぞれの関わり方というのがあるのです。

 どうしても折り合いがつかない場合は、そ〜っと

距離を置くのも大事ですね。

もしご縁がなければ、それぞれの道、居場所というものが

あるのですから、無理に近づくことはないと思いますし、

また改めてご縁があれば、自然に一緒になる機会ができてくる

はずです。

 親子の場合。親は、子どものことが心配なあまり、

過干渉になってしまうケースを多く見ますし、

逆に、上手に愛情を注げないというケースも聞きます。

とても関係が近い分、関わり方は難しいかもしれませんが、

やはり親は、無償の愛情を注ぎながらも、子どもを

自分の所有物のようにして見るのではなく、一個人として

尊重し、信頼して、温かく見守ることが出来れば

良い距離感の中で信頼関係を保てるのではないかと

感じます。

 それぞれの程よい距離感、大事にしたいですね。