スタッフブログ

「充実感」と「幸福感」の違い

 皆さまはどのような時に幸せを感じますか?

時々ブログで書くことがありますが、

幸せのハードルを低くすると、日常で簡単に

「幸福感」を得ることができます。

例えば、朝の空気が気持ちがいい、お花の香りが

とても心地よい、お腹が美味しいもので満たされた・・

など、挙げればきりがないほど、周りにたくさん

幸せの種があるのです。

 では、「充実感」はどうでしょう。

皆さま、どのような時に「充実感」を得られますか?

それは、何か行動をした時に、それが十分満足のいくもの

であった時に心も満たされるわけです。

大きな仕事を一生懸命、苦労を重ねてもやりきった時。

難しい勉強だけれど、資格を取るために、

寝る間を惜しんで頑張ってやりきった時など。

 ということは、「充実感」と「幸福感」は、

似ているようで、大きく違いがあるのですね。

「充実感」は行動したからこそ得られる感覚。

「幸福感」は行動しなくても得られる感覚。

そして、「充実感」の先には「幸福感」がありますが、

「幸福感」の先には「充実感」はないのです。

もちろん、幸せを感じることは、生きていく上で

大切なことですが、充実した人生を送れるように

することも、とても大事だと思います。

そのためには、受動的ばかりな生き方にならずに、

能動的に行動していけるようにすることが重要。

 今日もそれをつくづく感じました。

同じ思いを持った仲間と共に大変な学びの場で、

泣いたり笑ったりしながら多くの時間を過ごし、

そして、NLP心理学という知識やスキルだけでなく、

人間としてもたくさんのことを得られたことは

人生にとってかけがえのない時間であり、

心に一生残る宝であること。

「充実感」を得たからこそ「幸福感」も得られ、

努力したからこそ、心が愛と勇気と自信などの

パワフルなエネルギーで満たされたような気が

いたしました。

この感覚を忘れずに、これからもさらに

「充実感」を得られるような日々を過ごして

参りたいなと思います。