スタッフブログ

 お相手のお話は最後まで聞く

 正しい行いをして、真面目で、自分に対しても

きちんとしている方でも、時々、最後まで

人のお話を聞かない方がいらっしゃいます。

自分らしく、とか、自分の好きなように、

というのは、自分勝手に、というのとは

全く違う意味ですから、

それを、自分の好きなように、どこでも自分の

ペースで自分のことばかりお話して、ちっとも

人の話を聞かないのでは、結局は、ご本人のお話も

聞いてもらえなくなってしまいます。

それでは、コミュニケーションは成り立ちませんね。

自分だけが正論を言っているという考えも

信頼関係を築きにくくさせてしまいますので、

気をつけなければいけないのは、やはり、

お相手を尊重して、お相手の立場やお話内容を

しっかりと受け止めながら、最後まで聞くということ。

それがとても大事なことなのです。

 そして、私たちの持っている時間というのは、

本当に限られたものです。

その貴重な時間を自分のために使ってくれたお相手への

感謝の気持ちを忘れてはいけません。

生きているということは、何気ないかもしれませんが、

とても大変なことであり、その生きている1日の内の、

数十分、1時間、数時間を会っている間に割いている

のですから、お互いのその時間を大切にしたいですね。

 冒頭では、なかなか最後まで人のお話を聞かないで、

すぐに自分の方に話を持って行ってしまう方がいる、

と書きましたが、もちろん逆に、本当に優しい眼差しで

よく聴いて下さる方もいらっしゃいますね。

 お相手のお話を最後まできちんと聞き、

そして気持ちの良い相槌を打てたり、

心地よい反応をすることができるように心がけ、

より良い信頼関係を築きながらコミュニケーションを

とれるように致しましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

新刊 【 夢の音読 】

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

書店・Amazonにて発売中

Amazonはこちらから→