スタッフブログ

 それぞれが出来ることを考える

 昨日の続きです。

あまりにも台風の被害がひどく、胸を痛めています。

いわきでも近くの2つの川が氾濫し、広範囲に床上浸水。

我が家は浸水は免れましたが、近くの何人もの友人や

知り合いのお宅が大打撃を受け、

私が出来ることは何だろう、と改めて考えます。

でも、我が家も断水!!

なかなか自分が整っていないと、全力で周りへ

力を注ぐことができませんが、それでも、

それぞれの立場で、出来ることがあると思うのです。

 日本全国どこででも起こり得る災害。

頭のどこかで「うちは大丈夫」という思いは無くし、

「何が起きても大丈夫」というような、万全の備えをして、

何かが起きた時に、自分自身のことでも、

近くであっても、離れていても、自分ができることを

しっかりと考えられるようにしておく必要があるのです。

 今回のように、被害を受けた時というのは、

精神的打撃も大きいものです。

お年を召した方、お身体が不自由な方、介助が必要な方、

お子様はもちろんのこと、ご家族を守らなければいけない方、

そして、こういう時こそしっかりしなくては、と先頭を

切らなくてはいけないリーダーの方も、皆同じです。

ですから、物質的な支援、力の支援だけでなく、

心のサポートも必要であり、また、

想いを寄せる、ということだけでも大切だと思います。

一人一人が出来ることを、それぞれ考えて参りたいですね。